京つう

  学校・学生  |  上京区

新規登録ログインヘルプ


2008年12月02日

出水町家で、油の話

遅くなりましたが、11月28日に行われた、町家サークル京都検定@出水町家「油のお話」の報告をしますicon12

山中油店の浅原さんを講師にお招きし、油についてにお話を聞きました!




山中油店さんは創業・文政年間(1818年~1829年)で、200年近く油専門店としての歴史を守っています。

昔の“油”(菜種油)は、おもに明かりとりの為に使われており、一部の貴族しか使えない高級な物として大切にされてきた中で、長い年月をかけ、庶民の生活にも使われるようになり、生きていく中で欠かせない必需品となりました。

「油断大敵」という四字熟語に「油」を使うのは、油を絶つと命にかかわる、といことなんだそうですよface08へぇへぇへぇ!!!

京都には油の神様としてしられている、油祖離宮八幡宮や、油掛地蔵尊(油を掛けて繁盛を願う)があるそうですICON116


最後は利き油。3種類の油を何の油か飲み当てます。
配られたのは

☆玉締めしぼり胡麻油
☆芳香落花生油
☆なたね油

の3種類。これが以外に分らないんです。でも3つともそれぞれ油の味が違います!



最後お店を見学。昔使われていた道具を見せてもらいました。
それからオリーブ油の話。産地、年によって全く味が違います。


普段、油のことをあまり気に留めませんでしたが、昔は貴重なもので、油それぞれに味があって、それぞれに適した使い方があることを知りました。
油を飲む、なんてしたことがありませんでしたが、胃もたれしませんでしたface08

奥深い経験でしたICON59





同じカテゴリー(活動報告)の記事画像
最終イベント・学生支援GPシンポジウム!!
寒梅館アトリウムはこんな風でした
ブログ本♪
クリスマスパーティー
特別講座第6回「京都検定講座第一回」
おいもパーティーをしました!
同じカテゴリー(活動報告)の記事
 最終イベント・学生支援GPシンポジウム!! (2011-03-14 00:08)
 寒梅館アトリウムはこんな風でした (2011-02-24 12:39)
 ブログ本♪ (2011-02-10 16:08)
 井戸端会議の報告♪ (2011-01-14 16:13)
 クリスマスパーティー (2010-12-27 17:38)
 特別講座第6回「京都検定講座第一回」 (2010-11-24 17:56)

Posted by 同志社町家プロジェクト at 16:08│Comments(0)活動報告
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。